忍者ブログ

鳥々三昧

オオバタンの男の子と暮らす日常、旅行の様子などを綴ります。

夏の思い出 その2

7月の終わりに掛川花鳥園に行ってきました~。
今回は、オカメインコを飼ってみえる鳥好きの方と一緒に行くことができました。

入り口を入ると、すぐにたくさんの水鳥たちが迎えてくれます。
19.jpeg





11.jpeg
11時すぎの到着だったので、オウムのふれあいをやっていました。
新入りのワライカワセミくんも手に乗せて写真撮影ができます。

12.jpeg
猛禽コーナーで、小さくて目立ちにくいのですが私の大好きなチゴハヤブサのあおちゃん。
一見これが猛禽?というような大きさで、とっても可愛いのです。


そして、花鳥園といえばこの子!!
24.jpeg
オオバタンのサンタくんです!
お兄さんからリンゴをもらっていました。

実はサンタくん、私が初めて会ったオオバタンなのです。
2年ほど前、まだ私がオオバタンという名前も知らなかった頃、ふれあいに出ていて撮った写真が懐かしいです。
その頃はサンタくんとはふれあいの時間だけ会えたのですが、今はこうして大きなケージでいつでも会うことができます。
サンタくんは興奮してお客さんを噛んでしまったことがあるそうで、ケージには噛むことがあるので触らないでというプレートがかけられているのですが・・・。

13.jpeg

25.jpeg
こんな顔でねだられては、無視していられず・・・。

サンタくんのいるこのゾーンには、蓮などの花が咲く大きな水槽が二つあったのですが、私が行く少し前に改修されたようで、手前側の水槽は撤去され、かわりにコンゴウインコのショーをするスペースになっていました。
21.jpeg
パーチを持っているお客さんのところまで、コンゴウインコが飛んでいきます。
室内のコンゴウインコショーは、前までは端っこでやっていたためお客さんが少ないことが多かったのですが、スペースも広くなり多くの方が集まっていました。


掛川花鳥園といえば、たくさん集まってくるコガネメキシコが衝撃的(笑)なのですが、前に比べ少し羽数が減ったかな~という感じでした。
22.jpeg
こちらはナナイロメキシコさんかな?


33.jpeg
ドアをいたずら中だったコガネさん。


ここにはいくつかケージも置いてあって、その中にいる子もいます。
23.jpeg
おねむだったヨウムくん。

そして!掛川花鳥園といえば忘れられないのがこの子!
26.jpeg
ハルクインといわれていましたが、最近どうやらカタリナコンゴウだったと判明したはるかちゃん!
私をコンゴウインコ好きにした張本人(鳥)です。
近くに行くだけでコンゴウ臭がします。
バタンはちょっと甘いようなニオイですが、コンゴウ臭はそれとは全然違うなんだか癖になるニオイですよね。

27.jpeg
厳つい顔で怖いと言われそうなコンゴウですが、はるかちゃんはかわいらしい顔立ちをしています。

はるかちゃんも以前はふれあいで腕に乗せることができたのですが、今は触れ合ったり腕に乗せることはできなくなっていました。


29.jpeg
気持ちよさそうに自分でカキカキ。

はるかちゃんもとってもフレンドリーで、コンゴウ特有の面白い動きをしたり、時には大きな声で元気よく「オハヨ!」とあいさつもしてくれます。
はるかちゃんは手を出すと、ケージの隙間から一生懸命足を伸ばして手をニギニギしてくれるのですが・・・。
爪が切っていないので皮膚に突き刺さります(笑)

47.jpg
ご飯をもらっていました。


はるかちゃんのケージの奥にはエボシドリやチュウハシ、アケボノインコのいるスペースがあります。
14.jpeg
鳥のなる木。
お腹をつけて木に止まっているオウカンエボシドリがかわいい!

15.jpeg
以前お迎えを検討したこともあるアケボノインコ。
小型以上の鳥でも飼えるんだ!(そして鳥ってなんて高いんだ!)ということを知るきっかけになった鳥さんです。

32.jpeg
個人的に好きなハイイロエボシドリ。
ほかのエボシドリに比べて随分地味な見た目ですが、よーく見るとつぶらな眼をしています。
黄色いクチバシが目立ち、ちょっと猛禽の鷹のような姿です。

16.jpeg
個人的に好きな鳥その2。イワシャコ。
真ん丸な姿が素敵!はじっこで気持ちよさそうに寝ていました。

30.jpeg
エサの入った棚の上にはエボシドリがわらわら。ご飯を買う人を待ち構えています。

31.jpeg
オオハナインコの女の子も。
他のオオハナたちは木の上の方にいたのですが、この子はエボシドリにまじってご飯をもらいに来ていました。


外のショーも見に行きましたよ~。
20.jpeg
ヘビクイワシのキックちゃん、この日はいつにもまして絶好調で、強いキックを何度も何度も見せてくれました。

18.jpeg
かなり端にあるので人があまりいないのですが、ペリカンにお魚もあげてきました。


室内に戻って、水鳥のゾーンへ。
17.jpeg
オニオオハシも手に乗ってくれます。
ここも縮小されたみたいで、水鳥のいるプールが半分の大きさになっていました。
前来た時にはわらわらとオオハシたちもいたのですが、今回は2羽か3羽くらいとかなり少なめでした。
鳥たちの体調もあるのですかね~。


結局この日は11時ごろから閉園ギリギリまでいました。
34.jpeg
閉園20分くらい前になると、スタッフさんたちがこうして鳥たちにご飯をあげます。
1カップ100円で売られていたふれあい用のご飯も無料になり、好きなだけ鳥たちにあげることができます。
この時間になると人はほとんどいないので、時間は少ないですが自由に鳥たちと触れ合えます。
ふれあい用のご飯が無料になるのは人が少なくて余ったときだけのようですが、これが楽しくていつもギリギリまでいてしまいます(笑)

37.jpeg
昼間は木の上の方にいたヨウムさんも降りてきてご飯を食べていました。

今回で掛川花鳥園は4度目だったのですが、鳥好きなら何度行っても飽きないところだと思います。
他の花鳥園は遠いのでまだ行ったことがないのですが、そのうち全部の花鳥園に行ってみたいですね~。


家に帰ると、小太朗がプープー言いながらお出迎え。
39.jpeg
小太朗、お留守番ありがとうね。

拍手[2回]

PR

別れと出会い

ブログのネタが思いつかぬまま一週間・・・。
お迎え準備も少しずつですが、着実に進んでおります!
少し買い過ぎかな?というほどにおもちゃも買ってしまい・・・。おもちゃを見ていると、これで遊ばせてあげたいな~とか、これも面白そうでいいな~なんてどんどん増えていってしまいます(笑)
お値段的にはちっとも笑えないですが・・・^^;

お迎え準備もいいのですが、自分の中で一つ書いておきたいな~と思ったことがありますので、今日はそれを書かせていただきたいと思います。

私がなぜオオバタンをお迎えすることにしたのか、ここに至るまでには色々ありました。
その話のうえで欠かせないのが、9年間共に過ごしたセキセイインコの女の子、スカイとの別れです。
文章が長く、感情的になったりと読み苦しくなるかと思いますので、興味のある方のみ続きをどうぞ。

拍手[9回]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お知らせ


Twitterアイコンに、小太朗の写真を使用している方がおられるようです。
当ブログに掲載した写真・画像の無断使用、転載はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。


▼TSUBASA コーズリボン 【バードフェスタ】

私、Junのイラストが採用されました!
とり村通販サイト楽天 などで販売中!

コーズリボンは売り上げの一部がTSUBASAへの寄付となります。
鳥たちの明るい未来のために、よろしくお願いいたします。

TSUBASAは日本で唯一の飼い鳥専門の保護団体です。里親探しだけでなく、人と鳥が長く共に暮らせるための勉強会や啓蒙活動も行っています。
HPはこちら→TSUBASA

我が家の愛鳥


▼小太朗

オオバタンの男の子。
2016/07/06 6歳を迎えました。


▼スカイ

2009/09/24 に亡くなったセキセイインコの
女の子。
9年を共に過ごしてくれたかけがいのない子です。

プロフィール

▼Jun
人間。お世話担当。
インコ、オウムを始め鳥類大好き。
Twitter@Jun_toribaka
(主にイラスト・作品用ですが、たまに小太朗の様子も)

鳥撮り三昧
こっそり写真ブログもやってます。

ブログ内検索

Copyright © 鳥々三昧 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]