忍者ブログ

鳥々三昧

オオバタンの男の子と暮らす日常、旅行の様子などを綴ります。

ヨウムを絶滅の危機から救ってください。

とり村のブログで紹介され、今では色々な場所で拡散されているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、もし私のブログを見て知っていただけたらと思い、転載させていただきます。

時間もあまりないようなので、以下とり村のブログよりの転載です。



**********

タイトル:
緊急嘆願書:ヨウムの取引をCITES(絶滅のおそれのある野生

動植物の種の国際取引に関する条約)に差し止めの要望。

 

製作者:World Parrot Trust

 

嘆願内容:
来週(2012年7月23日)、スイスにおいて少人数の集まりを予定しており、いかに

野生生物が世界中(CITES常任委員会)で取引ができるか、そしてできないかに

関する取り決めについて話し合い、何千もの野生のヨウムの運命について決断を
くだす予定です。

 

とりわけ、コンゴ(ヨウムを輸出している最大の輸出業者の一つ)では、ヨウムを

合法的に捕獲することを続けて、アジアや中東に販売をすることを望んでいます。

捕獲数は限度の5000羽を大きく上回っています。そして、カメルーンでは、この

鳥種に関しての輸出割当はゼロとなっているにもかかわらず、過去4年間で、

合計5000羽以上のヨウムが輸出されており、その記録も残っています。

 

今回踏み切ろうとしている決断は、毎年、数千ものヨウムの運命を左右するものです。

国際的に絶滅の危機に瀕している種を苦難から守るためにも、CITESに緊急に働きかける、

今こそがチャンスです。
もし、私たちがCITESに、これら2つの国から取引差し止めの要望を受け入れてもらえる

ことができたら、これら数千の鳥たちを助けるだけでなく、野生のパロットたちにとって

いい方向に流れを変える手助けになります。

 

署名には、10000名の署名が必要です。
今日現在(2012年7月20日現在)までに、3000名を超える署名が集まりましたが、

まだまだ足りません。

 

どうぞ署名にご協力ください。

仲間や友人にもお知らせください。
そして、今現在、苦しんでいる数千羽の野生のパロットたちを救う手助けをしてください!

 

≪署名方法≫

下記、URLにアクセスしてください。
http://www.change.org/petitions/urgent-petition-tell-cites-to-suspend-trade-in-african-grey-parrots

 

「Sign this petition(この嘆願書にサイン)」の下の欄に、
 First Name(名)
 Last Name (姓)
Email(メールアドレス)
 Address(住所)
 City (都市名)
 Country(国)
 Post Code(郵便番号)
 Why are you signing? (署名の理由・こちらは任意で結構です)

以上をご入力の上、「SIGN」をクリックしていただければ署名完了です。

 

皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


**********


私も署名させていただきました。
必要な10,000名の署名のうち、現在で7,000名ほど集まっているようです。

署名のリンク先には、捕獲されたヨウムたちの写真も掲載されています。
これが現実だというのは、鳥飼いとしてとても心苦しいことです。
一羽でも多くの鳥たちが救われるよう、ぜひご協力をお願いします。



【追記】
7月27日現在、当初の目標であった10,000名を遥かに超える34,000名ほどの署名が集まったようです!
スイスでのCITES常任委員会は27日までと聞きましたが、この署名によって世界のオウムたちが救われるきっかけになっていればと願うばかりです。

【更に追記】
その後ですが、どうやら今回は残念な結果となってしまったようです。
最終的に40,000人以上の署名が集まりましたが、常任委員会はカメルーンからの年間3,000羽のヨウムの輸出を承認という旨がとり村ブログの方に記載されています。

小太朗と一緒に暮らすことが、野生のオウムたちの現状を知るきっかけにもなりました。
今回はこのような結果でしたが、今後も、自分にできることがあれば積極的に参加していきたいと思います。
この愛らしい鳥たちが地球上の自然から消えてしまわないよう、守っていきたいものです。

 

拍手[2回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ


Twitterアイコンに、小太朗の写真を使用している方がおられるようです。
当ブログに掲載した写真・画像の無断使用、転載はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。


▼TSUBASA コーズリボン 【バードフェスタ】

私、Junのイラストが採用されました!
とり村通販サイト楽天 などで販売中!

コーズリボンは売り上げの一部がTSUBASAへの寄付となります。
鳥たちの明るい未来のために、よろしくお願いいたします。

TSUBASAは日本で唯一の飼い鳥専門の保護団体です。里親探しだけでなく、人と鳥が長く共に暮らせるための勉強会や啓蒙活動も行っています。
HPはこちら→TSUBASA

我が家の愛鳥


▼小太朗

オオバタンの男の子。
2016/07/06 6歳を迎えました。


▼スカイ

2009/09/24 に亡くなったセキセイインコの
女の子。
9年を共に過ごしてくれたかけがいのない子です。

プロフィール

▼Jun
人間。お世話担当。
インコ、オウムを始め鳥類大好き。
Twitter@Jun_toribaka
(主にイラスト・作品用ですが、たまに小太朗の様子も)

鳥撮り三昧
こっそり写真ブログもやってます。

ブログ内検索

Copyright © 鳥々三昧 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]