忍者ブログ

鳥々三昧

オオバタンの男の子と暮らす日常、旅行の様子などを綴ります。

とり村に行ってきました!


念願のとり村の入り口です!

…と、写真はとり村の玄関から始まっていますが、ここに到達するまでに我が家のある田舎からはかな~り時間かかっております(笑)
ロロスまで車で一時間半、小太朗を預けて駅へ向かい。
ちなみに、小太朗は雛たちのいっぱいいるお部屋のケージに入れてもらって、ちょっと困惑気味でした^^;
その駅から新幹線のある駅まで。そしてそこから東京へ、東京から柳瀬川へ……。
朝6時頃出発したのですが、結局とり村に着いたのは大型の子たちの放鳥時間の終わる10分前!
というのも、あと少しのところで柳瀬川駅からのとり村定期便に乗り遅れてしまい、駅から歩いたせいなのですが…。
思ったより駅から距離があって、30分もかかってしまいました(笑)


とにもかくにも、ギリギリ間に合ったのでちょっとだけ触れ合わせていただきました。

IMG_3728.jpg
放鳥部屋では、皆きままに遊んだりまったりしたり思い思いの時間を過ごしています。


IMG_3724.jpg
カキカキさせてくれたタイハクさん。

ブログではお名前を見ていても、初めて会うと誰が誰やら…。
何度か通って、皆の名前を覚えたいなあと思いました。

しばらくすると、スタッフさんとボランティアさんが鳥たちをお家へ帰し始めたので、小さい子のお部屋へ。

IMG_3733.jpg
丁度ご飯の時間だったようで、ご飯をもぐもぐしていました。
おべんとが可愛いウロコさん。

基本的にこちらの部屋の子たちは天井の梁や高いところに止まっているのですが、一羽のオカメちゃんが私の肩に飛んで降りてきてくれました。

IMG_3770.jpg

他にも人はいたのですが、二度ほどまるで私の顔を確認するように肩に降りてきました。
もしかしたら、昔の飼い主さんを思い出したりしたのかな?



この日は、これでとり村を後にし宿泊先の池袋に向かいました。

IMG_3776.jpg
一応鳥?ということで池袋のフクロウ交番。


IMG_3800.jpg
辛うじて、スカイツリーも見えましたよ!

IMG_3803.jpg
そして次の日。
田舎者にとっては、ビル群は見慣れないので新鮮な光景です。



IMG_3806.jpg
この日は、柳瀬川からのとり村のバスに乗せて行っていただきました。


ボランティア中は写真を撮っていられないので、写真は無いのですが…。
まずは鳥たちをケージから出して、お部屋に放すところからスタートです。
手に乗せて大丈夫な子、パーチで出す子などそれぞれ決まっているのでスタッフさんに聞きながら鳥たちを出していきます。
そしてそのあと、大きい子、小さい子のケージやお部屋・食器の掃除。
私は主にコンゴウケージの底のお掃除と、皆の食器を洗ったり、小さい子のケージの底のお掃除を。
11時から1時までは休憩時間なので、鳥たちと触れ合いに行きました!


IMG_3824.jpg
そしてそして!
とり村、重鎮のトキちゃんにもやっと会えました!
声は流石の大迫力。
残念ながら今回私は触れ合うことはできませんでしたが、遠くからでも存在感は十分でした。
トキちゃんには何とも言えない魅力を感じました。
どことなく寂しそうというか、見ていると優しい気持ちになれるんです。
出来れば何度も通いつめて、もっともっと親しくなりたいな~と思いました。

ここにはトキちゃんのほかに、ダイちゃんというオオバタンの女の子もいるのですが、その子は手にも乗ってくれました。
こちらの子はトキちゃんとは正反対で、とってもおっとりさん。
手に乗っていても、自分のケージに帰りたい~というちょっと引っ込み思案なタイプ。

とり村に来ると鳥たちは本当に個性豊かで、同じ種類だとしても性格、性質は皆バラバラであることが良く分かります。

IMG_3816.jpg
微笑ましい光景も。


IMG_3809.jpg
とり村村長、48歳オールドさん。その表情はとても穏やかです。
ケージに返す際、手にも乗ってきてくれましたよ。
ちゃんと、手もきつく掴まずにそっと握ってくれるのです。


IMG_3820.jpg
ピントが合ってませんが…^^;
あの、酷い状態だったペットショップからのレスキューで救助されたオカメさんです。
カキカキもさせてくれ、元気そうでほっとしました。
今はステップアップの練習中みたいでしたが、ちゃんと何度か上手にステップアップしてくれました。
あんなところにいたにもかかわらず、それでもまだ人間を信頼してくれることに感動しました。

お昼の後は、鳥たちにご飯をあげたりしてボランティアは終了。
ハードでしたが充実した一日となりました。

その後、台風の影響で帰宅途中に新幹線が止まったり通行止めになったり、色々ありましたが無事に帰ってくることができました。
小太朗にも忘れられてはいなかったようで、ワーワー言いながらお出迎えしてくれました。

今回、mixiでお世話になっている方にも無事お会いすることができました!
とり村に行くにあたって、アドバイスをいただいたり本当にお世話になりました。
あまり沢山お話しできなくてごめんなさい~;;

ぜひ、今度はとり村に小太朗を連れていきたいな~と思いました。
白色バタン会が次開催されたら、参加できるように今密かに計画を練っています^^

とり村でのボランティアは数年前からの夢でしたので、今回叶えられて本当によかったです。
機会があれば、また参加したいです。

拍手[9回]

PR

Comment

お疲れさまでした☆

  • リョウ
  • 2012-10-07 09:55
  • edit
Junさん、先日はお疲れさまでした。
オレもやっとJunさんに会うことができて、うれしかったです!
オレの方こそ、きちんとゆっくり話できなくて、すいませんでした。
とり村は鳥さん達と自由に触れ合える時間が短いから、あっという間でしょ?
休みの度に行ってても、あっという間ですもん(^◇^;)
ぜひぜひ、今度は小太朗くんを連れて遊びに来てくださいね。
また会えるのを楽しみにしています☆
これからも、よろしくお願いします。

リョウさんへ

  • Jun
  • 2012-10-25 17:59
  • edit
先日はどうもありがとうございました。
鳥関係でお世話になっている方で、実際にお会いできたのはリョウさんが初めてだったので私もとても嬉しかったです。

とり村、本当にあっというまですね~(笑)
ボランティアしているとなおさら、もう帰る時間か…という感じでした。
皆の名前もやっと分かってきたところでさよならしないといけなかったので、名残惜しかったです。
もう少し近ければ、毎週通うところなんですがね~^^;

バードランが復活したら、今度は小太朗と一緒に行く予定ですのでまたぜひお会いしましょう!

今後もこちらこそよろしくお願いいたします。
お返事遅くなりすみませんでした。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お知らせ


Twitterアイコンに、小太朗の写真を使用している方がおられるようです。
当ブログに掲載した写真・画像の無断使用、転載はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。


▼TSUBASA コーズリボン 【バードフェスタ】

私、Junのイラストが採用されました!
とり村通販サイト楽天 などで販売中!

コーズリボンは売り上げの一部がTSUBASAへの寄付となります。
鳥たちの明るい未来のために、よろしくお願いいたします。

TSUBASAは日本で唯一の飼い鳥専門の保護団体です。里親探しだけでなく、人と鳥が長く共に暮らせるための勉強会や啓蒙活動も行っています。
HPはこちら→TSUBASA

我が家の愛鳥


▼小太朗

オオバタンの男の子。
2016/07/06 6歳を迎えました。


▼スカイ

2009/09/24 に亡くなったセキセイインコの
女の子。
9年を共に過ごしてくれたかけがいのない子です。

プロフィール

▼Jun
人間。お世話担当。
インコ、オウムを始め鳥類大好き。
Twitter@Jun_toribaka
(主にイラスト・作品用ですが、たまに小太朗の様子も)

鳥撮り三昧
こっそり写真ブログもやってます。

ブログ内検索

Copyright © 鳥々三昧 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]