忍者ブログ

鳥々三昧

オオバタンの男の子と暮らす日常、旅行の様子などを綴ります。

最近の小太朗


突然ですが、これは何でしょう?







・・・







正解はオオバタンの尻でした〜!
何でこんなに綺麗なままウン…ができるのか不思議でなりません。
しかも、香ばしい甘い系のいいにおいがします。嗅いだことあるの?という突っ込みは無しの方向で…(笑)


脇もいいにおいですよ。
脇に顔ごと突っ込んで嗅いでも、小太朗は完全無視で羽繕いしつつ、ついでに髪の毛をハミハミしてくれます。
どこを触ろうが広げようが、嗅ごうが口にくわえようがどうでもいいらしいです。
飼い主というより、自分の一部判定されてそうですね。


寒くなってきたので、お散歩はそろそろ終わりですね。


結構寒い中でも日光浴したり風を浴びたがるので、お散歩に行けない時は網戸越しにお外を見たりして過ごしています。


毎日元気に過ごしてはいるのですが、実は夏頃からちょっとお薬を飲ませていました。
今年の春前くらいから、眠そうなときなどに人間でいうしゃっくりのようにビクッビクッと腹部が動くような動作をするようになりました。
鳥には横隔膜がないので、しゃっくりをすることはありません。
1分間で10回くらいなるときもあれば、何時間も何もないこともあります。
病院の先生と相談していろいろと検査を行いましたが、PDDやアスペルギルスなど痙攣や神経症状が考えられる病気は全て陰性でした。
唯一、血液検査で肝臓(AST)の値が極端に低いことが分かりました。
通常150~350あっていい数値が85しかなく、老鳥で肝機能が低下しているときの数値に近いとのことで、強肝剤を飲ませて様子見することになりました。
一ヶ月ほどの投薬で130くらいにまで数値は回復し、その後2週間追加で投薬をしました。
結局、食欲はあるのと、それ以外ではとても元気なので現在は様子見をしている状況です。
小太朗はヒナヒナの頃、頭部に灰色の羽根が生えていました。
羽毛の変色が起こる場合肝臓に問題がある場合が多いようですので、あくまでも素人の想像ですが、もしかすると生まれつき肝臓の機能に少し弱いところがあるのかもしれません。

ビクつきは急に起こることもあれば、何日もないこともあります。
ここ一ヶ月は、3日に一度見るかどうかという程度で、特別苦しそうとか、気持ち悪そうという様子はありません。
発作のように呼吸が荒くなったり、動けなくなったりということもなく至って普通にモフモフしています。
良く食べますし、体重も810gくらいで安定しています。
発情の関係なのか、はたまたマイクロチップ?(レントゲンでは移動している様子などはありませんでした)などと原因を色々考えてしまいますが、とりあえず今の時点で出来る検査は全て行って陰性の結果なので、これ以上は仕方ないかなと思っています。
ただし検査で陰性だったのに亡くなってしまった子や、死亡して解剖後ようやく癌と分かる場合もあるそうなので、なんらかに疾患しているという可能性はあります。
まあ、外見上健康でも保菌していることはありますし、そういう意味ではどんな子でも疾患の可能性はあると言えます。
今の時点では、その程度という感じですね。

ブログで書くか迷ったのですが、記録として書いておきます。
今後、原因の特定や状況の変化があれば、また書きたいと思います。


まあ、本鳥も全然気にしてなさそうなので気にしすぎずいきましょう!


飛び回り、叫び、抱っこを要求し、今日もいいオウムでした。

拍手[11回]

PR

小太朗は6歳になりました!


本日2016年7月6日で小太朗は6歳になりました!
また今年もこうして元気な姿をここに載せられることを嬉しく思います。


特に大きな変化は感じないのですが、飛んだり走ったり、活動的な遊びが以前より好きになっているのかな?という気はします。


飛ぶ時は、とても真剣な顔で飛んできてくれます(笑)


これくらいの年齢のオウムで、しかも雄というとやはり成熟期に伴い性格などが変化すると言われる時期に突入します。
小太朗に関しては、とりあえず雄叫び(朝夕決まった時間にするもの)というのはありません。
興奮したとき(飛んだりして楽しいとき)に「コター!コタロー!」と大きめの声で言うのと、謎のオウム語を大きい声でモニョモニョ喋ることはありますが、時間によって決まっているわけではないようです。



性格に関しては、抱っこナデナデは相変わらず大好き!
基本、ステップアップは誰でもOK、カキカキは小太朗の好きな人ならという感じです。
噛みについては、普段の放鳥で強く噛むことはなく、指や睫毛などを優しくハムハムと毛繕いしてくれます。
軽く流血する強めの噛みも経験しましたが、小太朗の嫌なものや嫌なことが決まっているので、それをしないようにすることである程度は回避できています。
ケージのおもちゃを変えようとしてガブッということがありましたが、それ以降ケージ内に小太朗がいるときに何か触る時は、左手で嘴を捕まえておいて作業すればいいということが分かりました。
また、小太朗のガブは単発のためその後連続で噛み付いたり、噛んで離さないということは今のところありません。
不思議なのは、噛むときが興奮状態のときというわけでもないということですね。
噛む前に特に予備動作はなく、噛んだ後はしまった…と言う顔をしてじっとしているので、こちらも無言でそのままケージに返す、廊下など人の居ない場所に一旦出す、という対応をしています。
噛んだ直後でも触ったり足を持ち上げたりしても無反応なので、対応はしやすいです。

小太朗以外のオウムだとタイハクに2度、モモイロインコに1度流血するくらい噛まれましたが、それに比べると小太朗のガブは大したこと無いかな、という感じです。
もちろん、本気を出せばちょっと流血では済まない嘴ですから、加減してくれているのだと思います。
オウムを飼う以上、噛まれる可能性があることは覚悟していたので、数ヶ月に1度程度で済んでいますし、まあこれくらいは仕様がないという感じです。
お散歩中はご機嫌でお客さんの前ではとにかくいい子の可愛いオウムなので、逆に噛まれるというレアな体験ができるのは飼い主特権です(笑)



発情に関しては、今のところ兆候を含め一切ありません。
他の同じ年頃のオオバタンだとスリスリが始まっている子もいるようなのですが、そうした行動は見られません。
発情はあまり無い子もいると病院の先生に聞いたので、逆にこのままの方が楽でいいかな〜と思っています。

食の好みだけは少し変化して、シードはサフラワーと麻の実をおやつに食べるようになりました。
ペレットは相変わらずカラーペレット嫌いなので、安定のズプリームナチュラル。

ここ最近の生活は就寝が7時、起床が7〜8時前後です。
以前は9時就寝だったのですが、6時半くらいから放鳥していても眠そうにしたりケージに帰りたいということが多いので早寝させています。
ケージも大好きな鳥なので(笑)眠くなるといそいそと自分でケージに帰ってくれて手がかからず助かってます。


まあ、なにはともあれ、6歳を元気に迎えられたことに感謝しつつ…
今後も元気な様子をご報告できればいいなと思います!

拍手[21回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お知らせ


Twitterアイコンに、小太朗の写真を使用している方がおられるようです。
当ブログに掲載した写真・画像の無断使用、転載はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。


▼TSUBASA コーズリボン 【バードフェスタ】

私、Junのイラストが採用されました!
とり村通販サイト楽天 などで販売中!

コーズリボンは売り上げの一部がTSUBASAへの寄付となります。
鳥たちの明るい未来のために、よろしくお願いいたします。

TSUBASAは日本で唯一の飼い鳥専門の保護団体です。里親探しだけでなく、人と鳥が長く共に暮らせるための勉強会や啓蒙活動も行っています。
HPはこちら→TSUBASA

我が家の愛鳥


▼小太朗

オオバタンの男の子。
2016/07/06 6歳を迎えました。


▼スカイ

2009/09/24 に亡くなったセキセイインコの
女の子。
9年を共に過ごしてくれたかけがいのない子です。

プロフィール

▼Jun
人間。お世話担当。
インコ、オウムを始め鳥類大好き。
Twitter@Jun_toribaka
(主にイラスト・作品用ですが、たまに小太朗の様子も)

鳥撮り三昧
こっそり写真ブログもやってます。

ブログ内検索

Copyright © 鳥々三昧 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]