忍者ブログ

鳥々三昧

オオバタンの男の子と暮らす日常、旅行の様子などを綴ります。

今年も終わり

皆様、大晦日をいかがお過ごしでしょうか。
私はからあげクンまんを買いに走りました・・・!


Twitterを見ていると、かなり個性豊かな表情をしていてとても可愛いです。
中身も甘辛い味で美味しかったです!

 
小太朗はもう寝ていますが、ちょっと失礼して写真の取り納め。
今年もとてもいいオウムでした。
たくさん遊んでくれて、いつも一緒にいてくれてありがとう。

それでは、皆様も良いお年を・・・
年越しは毎年おなじみ2355を見ようと思います!

拍手[4回]

PR

最近の小太朗


突然ですが、これは何でしょう?







・・・







正解はオオバタンの尻でした〜!
何でこんなに綺麗なままウン…ができるのか不思議でなりません。
しかも、香ばしい甘い系のいいにおいがします。嗅いだことあるの?という突っ込みは無しの方向で…(笑)


脇もいいにおいですよ。
脇に顔ごと突っ込んで嗅いでも、小太朗は完全無視で羽繕いしつつ、ついでに髪の毛をハミハミしてくれます。
どこを触ろうが広げようが、嗅ごうが口にくわえようがどうでもいいらしいです。
飼い主というより、自分の一部判定されてそうですね。


寒くなってきたので、お散歩はそろそろ終わりですね。


結構寒い中でも日光浴したり風を浴びたがるので、お散歩に行けない時は網戸越しにお外を見たりして過ごしています。


毎日元気に過ごしてはいるのですが、実は夏頃からちょっとお薬を飲ませていました。
今年の春前くらいから、眠そうなときなどに人間でいうしゃっくりのようにビクッビクッと腹部が動くような動作をするようになりました。
鳥には横隔膜がないので、しゃっくりをすることはありません。
1分間で10回くらいなるときもあれば、何時間も何もないこともあります。
病院の先生と相談していろいろと検査を行いましたが、PDDやアスペルギルスなど痙攣や神経症状が考えられる病気は全て陰性でした。
唯一、血液検査で肝臓(AST)の値が極端に低いことが分かりました。
通常150~350あっていい数値が85しかなく、老鳥で肝機能が低下しているときの数値に近いとのことで、強肝剤を飲ませて様子見することになりました。
一ヶ月ほどの投薬で130くらいにまで数値は回復し、その後2週間追加で投薬をしました。
結局、食欲はあるのと、それ以外ではとても元気なので現在は様子見をしている状況です。
小太朗はヒナヒナの頃、頭部に灰色の羽根が生えていました。
羽毛の変色が起こる場合肝臓に問題がある場合が多いようですので、あくまでも素人の想像ですが、もしかすると生まれつき肝臓の機能に少し弱いところがあるのかもしれません。

ビクつきは急に起こることもあれば、何日もないこともあります。
ここ一ヶ月は、3日に一度見るかどうかという程度で、特別苦しそうとか、気持ち悪そうという様子はありません。
発作のように呼吸が荒くなったり、動けなくなったりということもなく至って普通にモフモフしています。
良く食べますし、体重も810gくらいで安定しています。
発情の関係なのか、はたまたマイクロチップ?(レントゲンでは移動している様子などはありませんでした)などと原因を色々考えてしまいますが、とりあえず今の時点で出来る検査は全て行って陰性の結果なので、これ以上は仕方ないかなと思っています。
ただし検査で陰性だったのに亡くなってしまった子や、死亡して解剖後ようやく癌と分かる場合もあるそうなので、なんらかに疾患しているという可能性はあります。
まあ、外見上健康でも保菌していることはありますし、そういう意味ではどんな子でも疾患の可能性はあると言えます。
今の時点では、その程度という感じですね。

ブログで書くか迷ったのですが、記録として書いておきます。
今後、原因の特定や状況の変化があれば、また書きたいと思います。


まあ、本鳥も全然気にしてなさそうなので気にしすぎずいきましょう!


飛び回り、叫び、抱っこを要求し、今日もいいオウムでした。

拍手[11回]

最近のお出かけ


そこまで遠くない場所へ車で出かける時は、アクリルキャリーに乗って準備します。
アクリルの扉よりステンレス扉のほうが、ケージっぽいからか好きなようです。


この日は某お城へ行きました。
3年くらい振りに行ったのですが、以前は門より中に入れなかったのが、建物内に入らなければOKに変更になっていました。


入り口にいた某有名武将猫と一緒に。
こうして見ると、小太朗もゆるキャラのような・・・


山道を登りつつ、お城へ向かいます。
お目目まん丸!






お城と記念撮影も出来ました。


その後日本庭園も散策しつつ。
何故かこのあたりで急に、小太朗の中でお喋りブームがきたらしく、歩きながらずーっと「こたろ!こたちゃん・・・こた・・・こたお!こたろちゃん!」とブツブツ小声で自分の名前を連呼(笑)
すれ違った方をもれなく笑顔にしていました。
外で喋ることはほとんどないのですが、この日はやけに楽しそうでした。


その後は一緒に入れるカフェでご飯もして、帰宅しました。
探してみると、意外と一緒に観光できたり、食事できたり、鳥を連れていても犬と同じように扱ってくれるところが最近は多くて、本当にありがたいことです。


公園にもちょこちょこ行っています。


変な物体・・・


以前に比べると、このごろはピンクというかオレンジというか、体色が濃くなってきているような気もします。
綺麗だね〜とか、ただの白じゃないのがおしゃれ!なんて言ってもらえることもあります。


もこもこ〜!


この日はなんと、お家でルリコンを飼っているという方に遭遇しました!
ハーネスの練習をして、そのうちお散歩もしたいというお話もされていたので、いつか会うことが出来たりするかもしれません。
小太朗を飼う前は、それこそ鳥を連れて散歩に行けるなんて聞いたことも無く、大きなオウムを飼っている人を見たこともなかったのですが、意外と近くにもいらっしゃることが小太朗を連れていることで判明して嬉しいです。
分からないだけで、普段すれ違っている人の中にも、鳥好きの人って意外と多いのかなあと思ったりもします。

来年は酉年ということで、鳥好きの方が増えたら嬉しいなと思う反面、メディアなどが鳥ブームと大きく報じたりする可能性もあり、そういう意味でちょっとドキドキします。
TSUBASAさんのことがテレビで放映されてからか、小太朗を連れていると「こういう鳥は長生きするんだよね〜」というお声がたくさん聞かれるようになりました。
かと思えば、犬を飼ってらっしゃる方から「鳥ならうるさくないからマンションでもどこでも飼えていいよね」という風に言われることもあったり。
「何キロも先まで聞こえるほど大きい声で鳴くこともありますよ」というと「まさか犬より大きい声では鳴かないでしょ?」と驚かれたりもします。
某番組ではキバタンに「バーカ」と言わせていたり(人間の声の合成でしょうが)
その影響かどうかは知りませんが、「バーカと言ったらバーカって返す鳥だよ」なんて小太朗を見てお子さんに説明された親御さんもおられました。

つい最近もとあるアート作品に鳥を使用したことが大きな話題になりました。
以前に比べると鳥に対する認知やペットとしての地位はある程度上がってきているのだとは思いますが、まだまだ、根底には「籠に入れておけば飼える」「懐いたりはしない」「鳥頭」という鳥に対する偏見のような常識が一般にあるのだと感じざるを得ません。

鳥ブームと共に、ただ鳥たちの愛らしい姿を愛でるだけでなく、生態や知能や、彼らの持っている目に見えない魅力にまで目を向けてくれる人が増えてくれることを祈るばかりです。

拍手[12回]

個展ありがとうございました!

いろいろバタバタとしておりまして、なかなかブログを書けなかったのですが
無事個展を終えることが出来ました!

当日は雨の中たくさんの方に来ていただきまして、ありがとうございました。




売り切れたものあるくらい、多くの方に私の作品を手にとっていただけて本当に嬉しかったです。
鳥トークもかなりじっくりさせていただけて、こんな機会はなかなかないのでとても楽しい時間でした。
さすが鳥好きの皆様!と思うようなマニアックなお話もたくさんあり、貴重な時間を過ごさせていただいたと感謝しております。


そして、なんと!
お留守番をしていたこの方にも、すてきなプレゼントを頂戴してしまいました・・・!


こんなかわいいオモチャはなかなか貰えないので(笑)嬉々として味見。


そして紐が気になるらしく、ハミハミ。
その他にも、最近小太朗のハマっているボールやハンドトイまでいただいて・・・!
お気遣いいただいて、本当にありがとうございました。
破壊されるまで、楽しく遊ばせていただきます。


<おまけ>
東京遠征中、今回は時間がなくてあまり観光はできなかったのですが、葛西臨海水族園に寄りました。
本来はまた上野動物園に行こうと思っていたのですが、雨のため急きょ水族館へ。
お目当ては、今まで生で見たことの無かったこの鳥!

エトピリカです。


近隣の水族館などでは海鳥の展示をしているところが無いので、生きているものは初めて見ることが出来ました。


つぶらな瞳のウミガラスもいました。
「ペンギンだー!」と言う声が聞こえてましたが、たしかに色合いはよく似ていますね。

時間がなく30分ほどしか水槽の前で粘れませんでしたが、2度潜水の様子も見せてくれました。


ペンギンも海の中を「飛ぶ」と言われますが、海鳥たちの潜水もまさに水中を飛んでいるかのようです。
ペンギンに比べてより鳥らしいフォルムのまま水中を羽ばたき飛んでいく様は、とても力強く美しかったです。
はるか上空を飛ぶ鳥もいれば、大地よりも低い水中を飛ぶ鳥もいるんですね。
鳥たちの多様性にはいつも驚かされてばかりです。

拍手[10回]

個展を開催いたします

私事ではありますが、今週末の9/17~19日に個展を開催させていただくことになりました。
日本橋のBIRDSTORY SHOPさんにて、13:00〜19:00(最終日17:00)です。

もしご興味のある関東方面の方、おられましたらぜひお越し下さい。



色々な鳥のグッズを用意しております。
大型鳥多めなので、大型グッズをお探しの方もぜひ!

 





18、19日は私も会場におりますので、鳥話をしにお気軽にお越し下さい〜!
鳥の話題で盛り上がれたら嬉しいです。

小太朗のフォトブックや、羽根の展示も予定しています。(18、19日限定)







名古屋鳥フェスではなかなか皆さんとお話している時間がなかったので、今度はたくさん話せたらいいなと思っています。
 グッズは興味ないけど、鳥話はしたい!という方も大歓迎ですよ〜!

ぜひぜひ、よろしくお願いいたします♪

拍手[14回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お知らせ


Twitterアイコンに、小太朗の写真を使用している方がおられるようです。
当ブログに掲載した写真・画像の無断使用、転載はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。


▼TSUBASA コーズリボン 【バードフェスタ】

私、Junのイラストが採用されました!
とり村通販サイト楽天 などで販売中!

コーズリボンは売り上げの一部がTSUBASAへの寄付となります。
鳥たちの明るい未来のために、よろしくお願いいたします。

TSUBASAは日本で唯一の飼い鳥専門の保護団体です。里親探しだけでなく、人と鳥が長く共に暮らせるための勉強会や啓蒙活動も行っています。
HPはこちら→TSUBASA

我が家の愛鳥


▼小太朗

オオバタンの男の子。
2016/07/06 6歳を迎えました。


▼スカイ

2009/09/24 に亡くなったセキセイインコの
女の子。
9年を共に過ごしてくれたかけがいのない子です。

プロフィール

▼Jun
人間。お世話担当。
インコ、オウムを始め鳥類大好き。
Twitter@Jun_toribaka
(主にイラスト・作品用ですが、たまに小太朗の様子も)

鳥撮り三昧
こっそり写真ブログもやってます。

ブログ内検索

Copyright © 鳥々三昧 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]